日鍛バルブ株式会社 | Challenge Creation Speed

企業情報コーポレート・ガバナンス

  1. Home
  2. 企業情報
  3. コーポレート・ガバナンス

当社は、持続的成長と中長期的な企業価値の向上を図るために、コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方とその枠組み、運営に係る方針を示すものとして、「コーポレート・ガバナンスに関する基本方針」を制定しております。

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社は、コーポレート・ガバナンスに関する基本方針に基づき、コーポレートガバナンス体制の充実、コンプライアンス体制の推進、内部統制システムの整備を三本柱に業務の適正を確保してゆきます。

持続的成長の実現に向けて

コーポレート・ガバナンス
体制の充実

監査役会設置会社としての監査の推進
従来の監査役会を有効に機能させ、監査役会を構成する監査役は、取締役の業務の執行を監査
複数社外取締役の設置
社外取締役が、社外の専門家の厳しい眼で、経営へのチェックを強化する体制
執行役員制度の導入
執行役員に業務執行の権限を委譲し、効率的で機能的な経営を実現

当社のガバナンス体制

当社のガバナンス体制

コンプライアンス体制の推進

グローバル・コンプライアンス・プログラムの制定
経営トップが、コンプライアンスに関するコミットメントを行い、グローバルな管理体制を構築
コンプライアンス・リスク管理
委員会設置
コンプライアンス意識の向上と法令遵守を保証する仕組みとして、コンプライアンス・リスク管理委員会を設置
コンプライアンス推進者の設置
グループ会社、社内各部門にコンプライアンス責任者を設置し、責任を明確にし、きめ細かい管理体制を推進

内部統制システムの整備

稟議規程による意思決定の明確さと運用の徹底
取締役会規程や稟議規程により、経営の意思決定の迅速さと明確さを確保
グローバル内部通報制度の導入
グローバルなホットライン制度を導入し、社内外に窓口を設置することにより、直接当社経営へのアクセスを可能
内部監査の充実
内部監査部門を社長直轄の独立部門として設置し、有効かつ 効率的な内部監査を実現